身体,引き締め,運動

ダラシナイ身体になる前に!!引き締めに効果絶大の簡単運動!

年齢と共に身体のお肉が重力に負けてダラシナイ身体になっていませんか?
体重はそれほどでもないけどどうにもスタイルが悪くなりプヨプヨしていて自分で鏡を見てがっかりすることもありますよね。

 

そこで身体の引き締めに効果絶大な簡単な運動をご紹介しますので、ぜひ実践してすっきりとしたボディを取り戻しましょう。

 

 

 

一週間で効果が見える!ちょっと動くだけでいい、スキマ時間運動!

 

 

若い時はそれほど気にならなかったのだけれど、年齢が上がるにつれなんだかダラシナイ身体になったような気がすると思われている人もいることでしょう。
確かに若いころは特に何もしなくてもお肌はパンパンに張っていてボディラインもすっきりとしてましたよね。
年齢を重ねるごとに代謝が悪くなりますし筋力も衰えてきますので、重力に反抗するだけの力が弱くなってしまうという訳なんですね。

 

しかしあきらめる必要はありません。ちょっと運動をするだけで引き締まった身体を取り戻すことができるんですよ。
引き締まった身体にするためには体脂肪を減らして体に筋肉をつけるということが大事です。
体脂肪を減らすためには有酸素運動、筋肉をつけるためには筋トレが良いと言われています。
ウォーキングや水泳、ジムなどでの筋トレ、エアロビクスやヨガなどもいいですね。

 

しかしジムやプールに通う暇もない人はどうすればいいのでしょうか?
家や仕事中のちょっとしたスキマ時間に簡単な運動をするだけでも身体が引き締まってくる可能性があります。

 

 

まずは普段の生活から姿勢を良くしましょう。
デスクに向かっている時やスマホを見ている時、猫背になっていませんか?背筋を伸ばすとお腹や背中の筋肉がピシッとなっているのを感じませんか?

 

歩く時も腹筋に力を入れるようにしてやや大股で早歩きをするイメージを持つようにしましょう。
足は引きずるようにはせずいつもより少し持ち上げるようにして歩くようにします。
この時に息を止めるようなことはせず、酸素を全身に送り込むようなイメージで呼吸しましょう。

 

 

意外とおすすめなのがラジオ体操です。ラジオ体操は真剣にすれば汗が出るほど疲れる体操なんですよ。
ラジオ体操は子供のころによくやったので覚えている方も多いのではないでしょうか?

 

だらだらと行うのではなく指先まで神経を集中させて行ってみてください。
身体のいろんなところに効果的な運動が取り入れられていますので、お家でテレビを観ながら頭の中でラジオ体操の音楽を思い出して行ってみましょう。

 

 

 

一番気になる部位はどこ!?部位別でみる集中ストレッチの方法!

 

 

人によってはこの部分を何とかしたいと思われている方もいることでしょう。
部位別で効果のあるストレッチ方法をご紹介します。

 

 

お腹スッキリ

 

うつ伏せから肩の下に肘を置きます。次につま先を床につけて頭から背中、お尻が一直線になるように体を持ち上げます。
そのままの姿勢を15〜30秒キープするようにします。呼吸は止めず、お腹に空気が入るようなイメージでゆっくりと深く呼吸するようにしましょう。
キープするのが難しい方は膝をついても構いません。

 

 

お尻スッキリ

 

手と膝をついて四つ這いになります。右手を前に右足を後ろに上げます。次に左手と左足を上げます。左右交互に10回程度行いましょう。
最後に右手と左足のように対角線に上げるようにします。ももの裏とお尻やお腹を鍛えることができます。

 

 

二の腕のタプタプ解消

 

背筋を伸ばしてまっすぐ立ち両腕を開きます。そのまま手のひらを前から後ろ向きになるようにねじります。息を吐きながら10回程度行いましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

身体を引き締めるには筋肉をつけることが大切です。
別にボディビルダーを目指しているわけではありませんので、無理をせず長く続けるようにしましょう。

 

 

⇒体をっ効果的に引き締めたい?それならタイカンストリームしかありません!