運動不足,肩こり,食事

運動不足と肩こり解消の強い味方!食事を工夫して効果を伸ばそう!

日頃から運動不足を感じているけれどなかなか運動する時間がないと思われている方もいることでしょう。
運動不足だと肩こりがひどくなる場合もあるんですよ。肩こり解消には運動が一番効果的です。

 

しかし食事を工夫するだけでも肩こりが改善される場合もあるんです。
そこで運動不足による肩こりの解消に役立つおすすめの食事をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

肩こりにも効果があった!その栄養素はズバリ…!?

 

 

肩こりとは同じ姿勢を続けたりすることで肩から首周辺の血流が悪くなり痛みが生じることです。
筋肉は血液を全身に送るポンプのような役割を持っていて、運動不足による筋肉の衰えが酸素を多く含んでいる新鮮な血液を送ることができなくしてしまうんです。逆に言えば筋肉がしっかりしていると血流が良くなるので肩こりは元より脳にも血液が流れて頭がスッキリして仕事も効率がよくなるということです。

 

このように肩こり解消には運動が効果的ではありますが、運動して筋肉を鍛えるためには食事も重要になってきます。
食事の内容によって少しの運動でも効果の度合いが違います。
要するに血流を良くしてくれて筋肉の緊張を緩和してくれ、なおかつ筋肉を作る手助けをしてくれる食べ物を摂取するようにすれば肩こりもなくなってくることになります。

 

血流を良くする栄養素はビタミンB群やビタミンEがあげられます。
豚肉やウナギ、大豆、レバー、牛乳、アボカド、アーモンド、アサリ、いわしなどがあります。
筋肉の緊張緩和にはマグネシウムがおすすめです。ハマグリや納豆、昆布、ワカメ、味噌などがあります。
筋肉を作る栄養素は断然たんぱく質です。肉類、魚類、大豆、卵などに多く含まれています。

 

 

他には体に溜まった疲労物質を分解してくれるのがクエン酸で梅干しやお酢、柑橘系がおすすめです。カルシウムが足りないとイライラしストレスが溜まります。
ストレスも肩こりの原因になりますので煮干しやチーズ、ゴマやアーモンドを積極的に取るようにしましょう。

 

 

 

肩こりと食事は強い関わりがある!!食事、見直した方がいいかも?

 

 

肩こり解消に効果のある食べ物というのは結局和食中心のバランスのとれた食事をすればよいということになりますよね。
旅館で食べる朝食をイメージするのが一番いいかもしれません。

 

ダイエットをしたいからとお肉を控える人もいるかもしれません。
ですが鶏肉(特に胸肉)や豚肉を摂らないとせっかく運動しても筋肉が付きにくく肩こり改善から遠くなってしまいます。
また偏ってしまったり大量に食べたりも良くありません。

 

そもそも肩こりと言うものは身体の血流が悪いのが原因です。
同じ姿勢を続けていることや運動不足も原因ですが、食事の内容が悪いため血流も悪くなったということも考えられます。
一度、自分の食事内容を見直してみた方がいいかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

 

肩こりと食事は意外にも密接な関係があるんです。
肩こり解消のため運動をしたりストレッチを行ったりマッサージをすることも良いかもしれません。

 

しかしストレッチやマッサージは一時的なものなのですぐに肩が痛くなってしまいます。
食事は毎日食べるものですし、内臓から元気になれば肩こりから解放されますよ。

 

 

肩こりがひどいと頭痛や吐き気がすることもあり何もする気が起こらなくなってしまいますよね。
食事で肩こりが改善できるのなら費用も安につきますし、バランスのとれた食事をして肩こりしらずの身体にしましょう。

 

肩こりに良いとされている品目をすべて毎日取り入れることは難しいもの。
ですが肩こりに良いとされている食べ物を覚えておいて食事の時に特に意識して摂り入れるようにしましょう。

 

 

⇒運動不足や肩こり改善効果も!?タイカンストリームの効果を徹底検証!